・当社のみ!「保険付スカイダイビングパッケージ」好評販売中!! 90%以上のお客様に保険付をご利用いただいております。詳しくは、ココをクリック!
・無料YouTubeアップロード! 飛んだ直後にSNSにリンクを貼れます。詳しくは、ココをクリック!

スカイダイブハワイ
スカイダイブハワイロゴ
・ハワイで最も伝統のある会社
・最高高度が一番高い
・所有航空機 4機

保険付パッケージ有ります!

パシフィックスカイダイビング
パシフィックスカイダイビングセンターロゴ

・スカイダイブハワイの奥にある白いテントの会社。
・現地日本人スタッフ無し
・所有航空機2機

保険は無し

オアフパラシュートセンター
オアフパラシュートセンターロゴ
・現在休止中



スカイダイビングの保険
よくあるご質問
お問い合わせ

 「世界で最も美しいドロップゾーン」へようこそ
佐々木希ファーストスカイダイビング
佐々木希さんのファーストジャンプ。あと99回飛ぶそうです。

ハワイの真っ青な空で最高のスリルとアドベンチャーを体験しませんか? オアフのドロップゾーンは「World most beautiful DZ」といわれ、スカイダイバーの世界でも有名な場所です。 上空14,000フィート(4267メートル)から真っ青な空の中へ飛び出してみませんか。上空にあがればオアフ島はもちろんハワイの他の島々だって見ることができます。映画で有名なカエナ岬,パールハーバー,ダイヤモンドヘッドさえ一望する事ができます。 こんな体験 他では絶対味わえない!勇気なんていりません。ベテランインストラクターと一緒だから 後はめいっぱい楽しむだけ!! 空中撮影のオプションもあります。その感動を映像に残しましょう。


 ハワイ・オアフ島に3社あるスカイダイビングショップ
ハワイ・オアフ島にはスカイダイビングの営業をしている会社は全部で3社あり, すべて オアフ島のノースショア西端、カエナ岬に程近い、ディリンガム飛行場にあります。 イーストゲートを入ってすぐの最も大きな「スカイダイブハワイ」は、よくテレビなどで紹介されており、数々の芸能人が飛んだのもこの会社です。
同じ飛行場のもう少し奥のテントが「パシフィックインターナショナルスカイダイビングセンター」で、 一番奥にあるのが、「オアフパラシュートセンター」です。手前から設立が古い順に並んでいます。
オアフ島以外に、「スカイダイブカウアイ」はその名の通りカウアイ島にあり、 「ビッグスカイダイビング」は、ハワイ島にあります。
オアフ島の3社は、ワイキキから1時間半ほどのドライブですが、「スカイダイブハワイ」は、1日3回、 「パシフィック・・・」は1日2回の無料送迎がありますので、ご安心ください。ただし、レンタカーの方が待ち時間は少なくなります。
どの会社もクリスマス以外年中無休ですが、天候や軍の演習などの理由により臨時休業もありますので、必ず前日までに御予約ください。
川口春奈さん フリーフォール
川口春奈さん
岸本セシル フリーフォール
岸本セシルさん
このサイトは、ハワイ在住の日本人スカイダイバーやハワイの常連日本人スカイダイバーなどで構成される「ハワイ日本人スカイダイバーの会」の後援により、 各社の特徴などハワイのスカイダイビングの全てを専門的視野からリアルタイムでお伝えするページです。

ハワイのスカイダイビングの事故についてはコチラをご覧下さい。

 スカイダイビングを申し込まれる際のご注意
・18歳以上で、健康に問題の無い方
 聴覚視覚障害は問題ありませんが、四肢に障害のある方は、
 ご相談ください。
・24時間以内にスキューバダイビングをしていない事
 スカイダイビングは体に影響がありませんが、スキューバは身体に影響が残るため、
 飛行機に乗れません。スカイダイビングの規定では、深さに関わらず一律24時間です。
・体重240ポンド(約108kg)まで
 200ポンド(約90kg)以上の場合、超過料金が掛かります。
 各社とも1ポンド(約0.45kg)あたり、$1~2ぐらいです。

現地にてIDチェックがありますので、飛ばれる方は全員、パスポート、またはそのコピー、写メ等、英文のお名前と生年月日、顔写真の確認できるものをお持ちください。忘れた場合、飛べません。
当日は、ジーパン・Tシャツなど動きやすくて、汚れてもかまわないような服装でお越しください。履きなれた運動靴があればご用意ください。各社とも貸し靴は無料でありますが、靴下は有料での販売となります。
空腹満腹を避け、乗物酔いしやすい方はあらかじめ酔止めをご用意ください。
 
Copyright c FREE FALL FACTORY LLC. 2009-2019 All Rights Reserved.